「危険日に性行為を行なってしまった」など、あまり人には相談できない話ではありますが、「もし妊娠してしまっていたら」などの不安はとても大きいものです。そんな方のために危険日の性行為と妊娠に対する避妊方法についてまとめてまいります。

避妊薬は大人の女性のマナーと月経前症候群の軽減効果

近年では、我が国においても女性の社会進出が進んでおり、男性と同じように部下を持ち、バリバリと仕事をこなしているキャリアウーマンも珍しくはありません。責任ある地位で仕事をしている者に取って、自身の体調をしっかりと管理することは、社会人として守らなければならないマナーですが、特に男性とは違って女性には、毎月生理という習慣があり、ホルモンバランスの変化で、心身ともに不調になってしまうことは大なり小なり避けられないことでもあるので、何らかの対策を取ることが必要です。さらに女性には、将来子供を産むか否かという大きな選択をしなければならないこともあり、子供を持つことを人生設計の中に描いているのであれば、妊娠をする時期というものについても、しっかりと考えなければなりません。責任のある環境下の中で仕事を担っているのに、予定外の妊娠をしてしまうということは、周囲に多大なる迷惑をかけてしまうことにもつながるので、社会人としてはあってはならないことなのです。最近は、日本でも諸外国に遅ればせながら、低用量ピルが解禁となったことにより、避妊薬を服用し、体調管理をしている女性も増えています。避妊薬は、望まない妊娠を避けるという目的以外にも、自身の生理周期を管理しやすくしたり、生理痛を軽減させたり、むくみやイライラなどの辛い月経前症候群を緩和させる効能があるといわれています。生理が始まる前の一週間程度の期間、頭痛や腰痛、腹痛など以外にも、感情の起伏が激しくなる女性も多く、何でもないことに激高してしまったり、急に悲しくなって落ち込んでしまったりと、自分でも感情をコントロールできずに苦しんでいる方も少なくありません。避妊薬は女性ホルモンバランスを整える作用かあるので、こういった月経前症候群も改善してくれます。