「危険日に性行為を行なってしまった」など、あまり人には相談できない話ではありますが、「もし妊娠してしまっていたら」などの不安はとても大きいものです。そんな方のために危険日の性行為と妊娠に対する避妊方法についてまとめてまいります。

避妊薬のピルはニキビに悪い影響を与えます

避妊とは、セックスの際に、子供ができないようにするために行う行為です。代表的なものに、コンドームの装着があります。コンドームとは、薄いゴムでできたもので、勃起した状態の男性器に装着するものです。非常に薄くできているため、セックス時の男性側の快感が薄れないようにできています。また、コンドーム装着時の避妊率は90パーセントを超えるといわれており、その避妊の確実性には定評があります。しかし、キチンと装着しないと、その効果は薄れてしまいます。例えば、勃起していない男性器に装着した場合、性交渉時に、外れてしまう危険性があります。また、セックスの途中で、はめるというのも子供を作ってしまう可能性を高めます。なぜなら、性交渉の際に、男性側のペニスは射精する前から、精子を少しづつではありますが、出しているからです。なので、コンドームは性交渉を始める前から、キチンとつける必要があります。

避妊の行為には、コンドームをはめる以外にも女性側がピルを飲むという方法もあります。これは、ピルを飲むことで、女性ホルモンを抑制し、卵子を作らせなくする薬です。子供は卵子と精子が結合してできるものなので、卵子がなくなれば、子供はできなくなります。ですので、ピルを飲んだ際の避妊率は99パーセントと言われています。ただ、ピルは、ドラッグストアなどに売っているわけではなく、病院などに行って、医師から処方される必要があります。その点が少し面倒だと言えます。また、副作用もあります。ピルはニキビに悪い影響を与えるのです。ピルを飲むとホルモンのバランスが崩れます。ホルモンのバランスが崩れると、お肌の調子も悪くなります。ですので、ニキビにも悪い影響を与えるのです。だから、ピルは医師の指示に従って、用法容量を良く守って使用する必要があります。