「危険日に性行為を行なってしまった」など、あまり人には相談できない話ではありますが、「もし妊娠してしまっていたら」などの不安はとても大きいものです。そんな方のために危険日の性行為と妊娠に対する避妊方法についてまとめてまいります。

東京で避妊薬を処方されるときに豆乳は飲んでもいい?

避妊薬は避妊目的はもちろん、生理不順や生理困難症などの婦人科系の症状を改善する目的でも飲んでいる方は多いです。また、旅行などで整理を避けたいために、日程を数日ずらす場合も用いたりしますので、誰でも利用できる身近なものとなっています。しかし、避妊のための薬ですので、効果を出すために気になる点もあります。女性ホルモンを薬によってコントロールするのが役目ですので、それと相反する豆乳を飲んでもいいのか心配する方もいます。豆乳には女性ホルモンと似た動きをする成分である、イソフラボンが多く含まれているのが特徴です。女性ホルモンの代わりに美肌や月経不順などに効果を発揮しますので、避妊薬とは相反する働きをします。ですから、併用していると薬の効果が薄れたり、損なわれたりするのではないかと心配になる方もいます。しかし、それは不安になることはありません。毎日、大量に飲み続けるのではなければ、効果を阻害するほどの威力はありませんので問題はありません。ですので、特に注意すること、飲み合わせ不可と言ったことはありません。豆乳自体も健康に良い飲み物ですので、体にとってもプラスに働くでしょう。ですから、あまり気にせずに生活して大丈夫でしょう。避妊薬は東京では様々なクリニックで処方してもらえます。特に婦人科系の問題がなくても、避妊目的で処方してもらえるので、気になるようなら相談に行くと良いでしょう。いろいろなタイプの薬があるので、自分に合ったものを選ぶことも、途中でチェンジすることもできます。飲み方をしっかりとマスターできれば、難しい危険なものではありません。ですから、不快な症状や心配事をなくして過ごすなら、むしろメリットが多いのです。