危険日の性行為と避妊方法

「危険日に性行為を行なってしまった」など、あまり人には相談できない話ではありますが、「もし妊娠してしまっていたら」などの不安はとても大きいものです。そんな方のために危険日の性行為と妊娠に対する避妊方法についてまとめてまいります。

危険日の性行為は危険?避妊の基礎

危険日の性行為は妊娠を望まないのであれば、文字通り危険ということになります。
しかし、人間というのは妊娠しにくい生き物でもあるため危険日に避妊をせずに性行為を行ったからといって、妊娠をする確率というのはそれほど高いものではなく20パーセントから30パーセントの確率と言われています。

そのため、危険日に性行為をしたからといって妊娠をしない可能性の方が高いのですが、妊娠を望んでいない状況で妊娠をしない可能性が高いなどと考えるのは危険だといえます。
もちろん、どのような避妊法を用いるにしても性行為をする以上は妊娠をするリスクが有るわけですが、何も考えずに危険日だからといって妊娠をする可能性は低いからと避妊をせずに性行為をするというのは避けるべき行為といえます。

危険日は普段以上に妊娠をしやすいというのは事実ですから、絶対に妊娠をしたくないのであればリスクの高い日な避けるというのも重要な判断の一つとなります。
避妊は複数の方法を用いることによってその確率を高めることができるので、危険日よりも妊娠をする可能性が少ない日に、コンドームなどを着用して性行為をすれば妊娠の可能性というのを極限まで避けることができますから、妊娠を望まないのであれば極力可能性の低い方法を選ぶことが大切です。

どうしても危険日に性行為をしなければならない、したくなってしまったという時にはコンドームを着用するなど確率の高い避妊法を用いて、望まぬ妊娠の可能性を避けるようにしましょう。
妊娠をする確率のほうが低いと言っても、リスクの高い日には違いありませんから危険日というのは特に注意をしておくに越したことがないので、危険日の把握をしておくことは大切なことになります。
◆万が一、避妊に失敗した時の為にこの緊急避妊薬を用意しておこう
アイピル
◆避妊にはピル
避妊ピルで望まない妊娠を防ぐ
◆正しく飲んで確実に避妊しましょう
トリキュラーは飲み続けましょう